彼女の方から誘ってきて、私は彼女と肉体関係

彼女の方から誘ってきて、私は彼女と肉体関係

私の職場に以前、ある女性が入職してきました。

 

彼女は30代後半の女性で既婚者、四人の子供を持っており、
夫は歯科医、裕福な家庭自由なく暮らしている、
セレブな気品が伝わってくるような女性でした。

 

セミロングでパーマをかけて優雅な装いの服装しており、

それでいて無邪気な笑顔を見せる、そのような女性でした。

 

当初、私とその女性の接点はありませんでした。
ある日、私は次の日から出張に行くことになりました。

 

その時たまたまその女性が近くにおり、何気なく、
明日から出張でいなくなるんだけど僕のこと忘れないでね、と話しかけてみたところ、
今日は驚きの表情を見せ、忘れないわよ、と答え、
そして、忘れないようにと彼女の方からメールアドレスの交換を、申し出てきました。

 

私は驚きました。彼女は頬を赤らめながら、

上目遣いで少し微笑んでいる表情を浮かべていました。

 

ここから私と彼女とのメールのやり取りが始まりました。
最初はお互いの好みの話をし、身の上話もし、もっとお話ししたいですね、
と会う約束をし、最初はカフェでお茶をしてみたり、次にはドライブに行ってみたり、
それから観光地を巡ってみたり、会うたびに親密になっていきました。

 

そしてある日の夜、彼女の方から誘ってきて、私は彼女と肉体関係をもち、

不倫の間柄となりました。その後も彼女と数回関係を持ちましたが、

それから急激に彼女は、私に対して冷たくなっていきました。

 

彼女は別の男とも肉体関係を持っていたのです。
おそらく私と肉体関係を持った時に、彼女は満足し、
そして次の男を落とすことに気が移ったのではないかと思います。

 

魔性の女だと思いました。

しかしながら、忘れられない女でもありました。
その後彼女とは別れ、もう会っていません。

 

以上で私の不倫話を終わります。


ホーム RSS購読